仕事を辞める理由について

Posted on 8月 11, 2016 by

仕事を辞める時に、言い方一つで、会社に遺恨を残してしまったり、後味の悪い思いをすることがあります。円満退社する上でも、仕事を辞める場合には、言葉を選んで退職の意思を伝えたい所でもあります。仕事を辞める理由が、会社に対する不満点にあるのなら、事実をそのまま言う必要はありません。上司に辞める理由を伝える時に、会社に対する不満をそのままぶつけるという事は、あまり上手な方法ではありません。会社によっては、不満をこちらが伝えることで、改善が必要な点として、聞いてくれるという可能性もあります。ですが、小さな不満が降り積もって、結果的に辞めるという意思になったという言い方では、相手に何も伝わらないでしょう。今からでも状況を変えることはできないのかと、強く引き止められてしまうということもありえます。辞める理由を大げさに嘘をつくという事も、できれば社会人として避けておきたい部分でもあります。自分にとってプラスになる動機で仕事を辞めるという意向を示せば、辞めやすくなるようです。すでに次の仕事が決まっているのであれば、やりたい事が見つかったからと素直に伝えれば良いでしょう。もしも、将来を見据えてとりたい技能や資格があるという人は、そういう観点から退職の話をすることもできます。今の仕事を辞めると決めた場合、その会社に残って働き続ける人のストレスや、不満を拡大するような置き土産を残す必要はありませんので、むしろ問題を起こさないような辞め方をすることを考えるようにしましょう。

 

ナース人材バンクの求人の質